「世界の人々にとって最も、頼れる、誇れる、憧れるサムライに」

2030年までにありたい姿として決めたサムライインキュベートの新VISIONです。
「SAMURAI VISION 2030」と呼んでいます。

このVISIONは、社内の各グループからメンバー8名を集めてプロジェクト化し、約9ヶ月かけてでき上がりました。
ブランドオーナーの意志や競合との差別化、お客様のインサイトを”過去・現在・未来”の視点から洗い出し、サムライインキュベートが目指す姿として独自性、求心力、お客様への提案性などを重視してキーワードを抽出しました。
それが「頼れる」「誇れる」「憧れる」サムライでした。

この「サムライ」という言葉はサムライインキュベートだけを示しているのではありません。
サムライインキュベートに関わってくださっている全ての方々、更には日本、サムライ魂を持っている人全体として捉えています。
2030年までに、サムライインキュベートの全てのステークホルダーおよび日本をもっともっと強くし
「頼れる」「誇れる」「憧れる」ものにしていきたいという意味を込めています。


実はこのVISIONは、弊社創立以来変わらないMISSION
「できるできないでなく、やるかやらないかで世界を変える」にも通じています。

VISIONを考えるにあたり創業者である私は、自分にとって「幸せは何か?」「心踊る瞬間は何なのか?」を考え、そして以下に辿り着きました。

できないと思っている人に“機会”を提供し、
できないと思っている人の“環境”を変え、
できないと思っている人の“夢”を実現し、
できるようになった人ができないと思っている人に“志”を継承していく

まさにMISSIONそのものだったのです。


サムライインキュベートはこれまで、起業家への出資・インキュベーション支援や大手企業のイノベーション支援等を通じて、約480の事業機会を創出してきました。

今後は「世界の人々にとって最も、頼れる、誇れる、憧れるサムライに」なるため、
当社のVALUE「志勇礼誠」のマインドで
9カテゴリー9億人の対象者が抱える社会課題を解決すべく7エリアへの拡大、1500の事業機会を創り、
できないと思っている人に「機会」を提供し「環境」を変えて「夢」を実現できる世界を目指し、邁進いたします。

『できるできないでなく、やるかやらないかで世界を変える』

今後とも、何卒ご支援・ご指導の程よろしくお願いいたします。

2021年3月14日
株式会社サムライインキュベート 代表取締役
榊原健太郎

榊原健太郎