INFORMATION

  • 2020/01/27
    EVENT
    「イスラエル×アグリテック 〜日本の農業の未来を救うイスラエルのテクノロジーとは〜」



    ▼イベント概要
    【背景】
    農家の高齢化、担い手不足、耕作放棄地、低い生産効率 etc…
    現在の日本の農業には様々な課題が溢れています。それに拍車をかけるようにTPPやEPAが発効されたことにより、国内市場だけではなく海外市場を視野に入れた農業ビジネスのアップデートが急がれています。

    そんな状況のなかで日本でも徐々にICTやドローンを活用したスマート農業の導入が進んでおり、様々なプレイヤーが参入をしはじめている”アグリテック”は今注目のテーマとなっています。

    【なぜイスラエル×農業?】
    イスラエルの降水量は東京の3分の1、土壌も養分がない劣悪な環境で、さらには面積も日本の四国ほどしかありません。
    いっけん農業にまったく適していないように見えますが、実はイスラエルは世界有数の「農業輸出国」なのです。
    これはイスラエルの先進的な技術力と独自のアイデア視点によるものであり、環境は違えど日本でも応用できるものはたくさんあるのです。

    今回はそんな農業大国イスラエルのテクノロジーやスタートアップとの協業にフォーカスをし、日本の農業の未来に関してディスカッションしていきます。

    ▼タイムスケジュール
    【18:30-19:00】受付
    【19:00-19:15】オープニング(弊社/サムライインキュベートの事業概要説明)
    【19:15-19:45】イスラエル最新情報紹介
    (アグリテック関連スタートアップとオープンイノベーション事例)
    【19:45-19:50】休憩
    【19:50-20:30】パネルディスカッション(登壇者3名予定)
    【20:30-20:40】Q&A
    【20:40-21:10】懇親会・ネットワーキング
    【-21:30】解散

    *会場都合により若干の変更が生じる可能性がございます。ご了承ください。
    *ネットワーキングでのご登壇者に対する直接的な営業はお控えください。
    *士業の方、同業他社の方の御参加はご遠慮ください

    ▼登壇者
    【パネラー】
    荻野 浩輝 Koki Ogino
    <農林中央金庫 執行役員 デジタルイノベーション推進部長 一般社団法人AgVenture Lab 代表理事>

    成勢 卓裕 Takahiro Naruse
    <株式会社レグミン 代表取締役>

    加藤 清司 Seiji Kato
    <株式会社イスラテック 代表取締役CEO>

    【モデレーター】
    武田 理沙 Risa Takeda
    <株式会社サムライインキュベート Team Leader Enterprise Group>

    詳細&お申し込みはこちら