Startup Press

笑農和、日経新聞掲載

稲作にIoT技術 富山のベンチャー、KDDIが支援 KDDIは富山県滑川市の農業ベンチャー、笑農和(えのわ)が実施するスマート水田サービスの事業化を支援する。笑農和が開発した、スマートフォン(スマホ)で遠隔開閉できる水門について、通信における技術的なアドバイスなどを行う。農業の担い手不足が深刻化する中、IoT(モノのインターネット化)技術を活用して稲作農家の負担軽減につなげる。

さらに詳しく

この記事の支援先について

株式会社笑農和

株式会社笑農和

Enowa Co.,ltd.

富山県滑川市

Web Site http://enowa.jp

「IT農業を通じて笑顔の人の和をつくり社会に貢献する」を理念に、農業のIT化を推進するコンサルティング事業を行っております。 農家の売上増大のために、農産物の販売支援、営業代行業務といった販売面から生産効率をあげるための生産管理や作業日誌、在庫や原価管理などの業務システム、農業ロボットなどを提案しております。 現在、IBM BlueHub 第2期に採択された、IoT技術を用いて水稲農家向けの水位調整サービスを開発中です。